新型コロナウイルスと日常生活

ほんのしばらく前までは、対岸の火事のような出来事。
今は不安しかない、そんな気持ちです。

昨年の桜

毎年開かれる桜祭もなくなりました。
遠くに見える桜の並木も寂しそうです。

新型コロナウィルスについては、記事には書かずに・・・と思っていたけれど、今一番の関心事でもあり、書かずにはいられないなぁと思っています。

つい先日の《志村けん》さん死去のニュース。
誰もが思うことですが、私ももれなく世代です。
志村さんのことを書くとそれだけで長くなっちゃいそうです。

連日、ニュースを見て不安ばかり掻き立てられます。
我が家は成人した息子と主人との3人家族。
私は専業主婦です。
日々の生活が何か変わったかというと、買い物に行く回数が減ったことくらいで、特に右往左往するようなことは今のところありません。
そんな私でさえ、不安がいっぱい。

小さいお子さんやお年寄りと生活を共にされているご家庭の不安は容易に想像できます。
もはや、自分より大事な人が感染したら・・・と考えると不安を通り越して恐怖です。

今、日本という大きな輪の中にいるちっちゃい家庭。
でも、世界がもう歪んでる。
地球規模で先進国も現住民族も同じウィルスと戦ってる現状。
日に日に感染者数が増え、もし感染したら2週間後に死んでしまうかもしれない、とも思っています。

変わりない日常を送れるかと言えば、何かイライラしたり過剰に反応したり、心が落ち着く暇がないのです。
誰のせいでもないのですが・・・。

本当に微力で、何もできることがなく、何の役にも立てず、大きなものに守ってもらうしかできない私のようなものは、情けない思いです。

私の位置からではなく、遠く離れた空から見ると、今の日本はどう見えているのかと思います。


質素ながら、穏やかに笑って過ごせる毎日であることだけが望みなのですが、そんなささやかな望みが奪われてしまっているのが悔しいです。

頑張ろう。